水中ドローン撮影

水中設備や漁業への活用など、幅広い活用が可能に。
映像を地上で確認できる手軽さと安全性を実現。
CCROV 水中ドローン
CCROV 水中ドローン CCROV_SP 75M

水中での点検作業等に向いた、精密制御が可能な水中ドローン
CCROV_SP 75M

主な特徴

CCROVは法人専用に特化したROV(Remotely Operated Vehicle)で、ROVの中でも最小クラスのサイズで非常にコンパクトな機体です。
6つのスラスタ装備することで水中の垂直・横の移動が可能になり、水中点検のニーズに応えます。

【CCROVの主な特徴】
4Kカメラ搭載
720P ライブビデオ伝送
最大100メートルの潜水が可能
高品質の素材と統合されたデザイン
6つのスラスタを搭載
自由な移動(前後、左右、浮上/潜行、旋回)
精密制御
スマートTDSでケーブルを簡単に回収

ユーザーフレンドリーな操作

CCROVは、最小クラスの水中ドローンで、寸法は約 208 x 204 x 158 mm。バックパックやスーツケースに入れて運ぶことが可能です。

操作システムは非常にユーザーフレンドリーで、送信機やスマホアプリで簡単に操作できます。

6つのスラスターを搭載

CCROVには6つのスラスタが搭載されており、異なる方向に自由に動かせます。

4kカメラ&720Pリアルタイムトランスミッション

CROVは、4K画像・動画の撮影と、ビルトインカメラとケーブルによる、720Pリアルタイム伝送で動画を確認することができます。

* 送信機にタブレットは付属しておりません。

100メートルの潜水深度

CCROVはIP68高水準の防水能力を持ち、100メートルの深さで潜水することができます。

スマートTDS、ケーブルを簡単に回収

CCROVには特別なテザー展開システムがあり、作業後にケーブルを簡単かつ迅速に回収することが可能です。

水産業への応用

CCROVは水中を移動して状況を監視できるので、固定モニタからの置き換えが可能です。

エンジニアリング検査

CCROVは4Kカメラで、高解像度の写真や動画の撮影が可能です。水中の狭いスペースでも情報の収集が可能です。

調査とレスキュー

CCROVの水中での自由度の高い動作性能により、調査を効率的に行うことができます。

船尾検査

CCROVは4Kの高解像度画像の撮影と動画撮影が可能なため、特別なダイバーに頼らずとも水中の検査が可能になります。

水中撮影

CCROVは100メートル潜水し、同時に4Kビデオを撮ることができます。水中の不思議な世界を美しい映像で残すことができます。