従来の物件写真だけでは、実際の広さや雰囲気、内装などをすべて理解するのは難しく、実際に物件を見た時に、入居希望者がギャップを感じられることもあります。
VRであれば見たい方向へ自由に視点を動かすことができますので、お客様自身がご覧になりたい箇所を自ら選ぶことができるため、範囲が限られている従来のイメージ写真にはない臨場感を伝えられます。
モデルルームには「気軽に行きにくい」という方にも、バーチャル空間上で現地の雰囲気を体験できる新しい見学スタイルを提案できます。

不動産オーナー様にとっても、写真や文章だけでは伝えきれない物件の魅力を、少しでも多くの人に伝えられるため、入居率アップにつながります。
物件に興味を持った人も、実際に現地に赴かなくてもよいため、手間も時間も交通費も省けるメリットがあります。

近年、不動産にVRを活用することが、投資用物件を探す海外投資家への有効なアプローチとなりつつあります。
物件を内覧することなく、立地条件や価格などを見て購入するというケースも少なくありません。