VR活用

立体感のあるVRを活用してみませんか

360°VRパノラマ動画・写真には、空間を表現する力があります。
不動産の「ここ」というアピールポイントにVRの導入は効果的です。

集客対策

VRは様々なビジネスシーンでご活用いただくことができます。店内の様子が360°見えることで実際に訪れているかのようにイメージでき、安心感が生まれるため、新規のお客様も来店しやすくなります。また、WEBサイトのアクセスページなどにお店への行き方やお店の中の雰囲気を伝えるために組み込むことができます。このほか、インバウンド対策として訪日外国人に向けて、観光コンテンツを旅行前の下見代わりとして仮想体験してもらうことが可能です。このようにVRを活用することで集客促進や施設予約率、顧客満足度の向上に期待できます。

不動産への活用

従来の物件写真だけでは、実際の広さや雰囲気、内装などをすべて理解するのは難しく、実際に物件を見た時に、入居希望者がギャップを感じられることもあります。VRであれば見たい方向へ自由に視点を動かすことができますので、お客様自身がご覧になりたい箇所を自ら選ぶことができるため、範囲が限られている従来のイメージ写真にはない臨場感を伝えられます。モデルルームには「気軽に行きにくい」という方にも、バーチャル空間上で現地の雰囲気を体験できる新しい見学スタイルを提案できます。

不動産オーナー様にとっても、写真や文章だけでは伝えきれない物件の魅力を、少しでも多くの人に伝えられるため、入居率アップにつながります。物件に興味を持った人も、実際に現地に赴かなくてもよいため、手間も時間も交通費も省けるメリットがあります。近年、不動産にVRを活用することが、投資用物件を探す海外投資家への有効なアプローチとなりつつあります。物件を内覧することなく、立地条件や価格などを見て購入するというケースも少なくありません。

眺望撮影

完成するまで見ることができないマンション(各階のバルコニー等)からの眺望撮影がドローンを飛行させることで可能となりました。また、地上からはイメージの掴みにくい周辺環境を容易に確認することができます。マンション販売の新たなPRツールとして効果的です。コルトン写真等の特殊な撮影も可能です。
また空中からパノラマ撮影を行うことで広いエリアの位置関係や周辺環境を把握することができます。

バーチャルツアー

複数枚の360°パノラマ写真を組み合わせてバーチャルツアーを制作することにより、実際に施設内を歩いているかのような仮想空間を体験でき、集客効果を高めます。バーチャルツアー内で特定のアイコンをクリックすることで、その場所のアピールポイントや特長を表示できるほか、動画や音声を再生することも可能です。これらの機能により実際に現地を訪れる前に、ある程度の情報を把握することができます。

住居においては、部屋の奥行きや天井の高さ、バルコニーからの眺望、キッチンやトイレのサイズ感、家具などのレイアウトイメージなど、実際に住んだ時のイメージを把握しやすくなります。WEB上に戸建住宅やマンション等のバーチャルツアーを構築することで、パソコンやタブレット、スマートフォンなどで、いつでもどこからでも「24時間年中無休」のVRモデルハウス公開が可能となります。