店舗

集客UPのための広告ツールとして

潜在顧客に店舗のイメージを明確に伝えることができます。高層階のフロア内や、通りから入った店舗などでも、事前に店舗内を確認できるため、安心感を与えられます。ストリートビューを導入することで、問い合わせ、予約、来場に効果が期待されます。

大規模店舗

新たな発見を伝えてイメージアップに

どのような施設であるかを、いつでも、誰にでも理解してもらうことが可能です。いつも訪れている場所でも視点を変えれば新たな発見があるように、新規のお客様だけではなく、リピーター様の集客も図ります。
スポーツ施設やコンサートホールのバックステージなどを撮影しておくと、遠方のチームや興行主を招致する際の説明にも役立ちます。

オフィス・貸会議室

リクルート向け会社紹介や見える化対応

貸会議室などでは、収容力や設備等をリアルなイメージで伝えられます。問い合わせ時に電話では正確に伝えられなかったことが、ストリートビューを見ていただくことで確実に理解していただけるので、予約率と顧客満足度に効果的です。オフィス紹介などでは、雰囲気や魅力を伝えることができるほか、自分自身が活躍するイメージを持たせることに役立ちます。

地域活性

街全体で魅力を伝える

まちおこしとして商店街全体などでストリートビューに取り組むことで、地域PRのデジタル化による推進、QRコードによる紙媒体との連携など、さまざまな工夫が可能となります。